低血圧は健康食品で改善する~病気予防計画~

必須脂肪酸の過剰と不足

サプリメント

魚不足が招いたこと

魚から摂取できるDHAやEPAは、健康に良い油として知られています。DHAやEPAはオメガ3脂肪酸と呼ばれる必須脂肪酸です。人体にとって必ず摂取するべき栄養素になります。同じく必須脂肪酸二分類されているのがオメガ6脂肪酸ですが、現代においては不足することはないと言われています。そればかりか、戦後から続く食生活の急激な変化によってオメガ6脂肪酸の過剰摂取が問題となっています。オメガ6脂肪酸とは対照的に、オメガ3脂肪酸は慢性的な摂取不足が指摘されています。その理由は、魚を食べなくなったことにあります。高カロリーで肉中心の食生活がオメガ6脂肪酸の過剰摂取とオメガ3脂肪酸の摂取不足を招いてしまっているのです。これらの問題を解決するためには、食事の改善が効果的です。油っぽい高カロリーな食事を控え、野菜中心の食事を心がけましょう。そして肉類からではなく魚からタンパク質の摂取を行うのが良いでしょう。それに加えて、オメガ3脂肪酸が多く含まれるエゴマ油、亜麻仁油、シソ油などを利用するとなお効果的です。

過不足ないのが一番良い

オメガ3脂肪酸とオメガ6脂肪酸は、摂取する量を守ることで優れた効果が期待できます。オメガ6脂肪酸はアレルギー症状の緩和、コレステロール値の低下、生活習慣病の予防または改善などの効果があります。オメガ3脂肪酸には、コレステロール値の低下、脳内セロトニン量の保持、新陳代謝の促進、脳の活性化などの効果があります。なので、どちらの脂肪酸も過不足無く体内に存在していることが重要です。必須脂肪酸を摂取するために、サプリメントを利用する人が増えています。特に、オメガ3脂肪酸は日本を始めとした先進国で不足の傾向にあるため、世界的にサプリメントの数が非常に多くなっています。食事だけでは不足分を補えない、魚が苦手、外食ばかりで自炊ができないなどの理由から、サプリメントが大変人気となっています。